AGAになりやすい人

AGAになりやすい人というのはいるのでしょうか?このAGAは、よく知られているように、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに由来する物質の働きによって起こるものです。

「抜け毛は男性ホルモンのせいだ。
だから体毛が濃い人はハゲになりやすい」ということをいう人がよくいます。
これは、男性ホルモンがAGAの原因、ということと、一致するように思えますよね。

しかし、このことは厳密にいえば間違いであるといえそうです。
どうしてかといえば、男性ホルモンが原因であることが間違いないとしても、AGAは男性ホルモンの「量」によって決まるわけではないからです。

では、男性ホルモンの何がAGAを引き起こすのかというと、量ではなく質です。
つまり、AGAになりやすい人というのは、この質が原因といえるのです。

このようにAGAになりやすい人は、男性ホルモンから発生するあるジヒドロテストステロンが、生まれやすい体質かどうかで変わってくるのです。

ではどういう理由でそもそも男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化するかというと、そこには「5αリクターゼ」という物質がかかわっています。
この5αリクターゼが、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変化させる張本人です。
この活性の度合いは、遺伝によって決まっています。

しかし、すべてが遺伝によって決まるというわけでもありません。
ストレスや、また、生活習慣もAGAになるかどうかに影響してきます。


[特選外部リンク]
AGAに効果的な実績のある発毛治療を行っているAGAクリニックです・・・発毛治療

Copyright © 2014 AGAの予防と治療 All Rights Reserved.